PROFILE


森本陽子

2級ファイナンシャルプランナー

AFP

日本FP協会会員

1983年3月16日、長野県飯山市生まれ。京都の龍谷大学経済学部卒。大学では総合経済コースの小瀬ゼミに所属。アジア経済を専攻に学びつつ、京丹後地方の観光資源を活用した地方経済の発展についても研究していました。大学卒業後は進路に迷いつつも長野県職員だった父の「女性が男性と同じ土俵で最後まで働けるのは公務員だけだ」との言葉に影響され、国家公務員を目指しました。今となってはそんなことない時代になったと思うのですが、結局在学中にダブルスクールして試験を受け、2006年に大阪国税局へ国税専門官として入庁しました。

就職後は国税調査官になり京都や大阪の税務署で個人事業主の税務調査や確定申告の相談業務などを行いました。しかしいざ働いてみると自分の勉強不足や社会に対する見解の無さを痛感し、このままではまずいと思いファイナンシャルプランナーの勉強をし始めました。産まれたての長女を抱きながら参考書とにらめっこして2級を取得しました。ファイナンシャルプランナーの資格で勉強した内容は仕事のみならずプライベートでもマイホームや教育資金計画、相続など多くの場面で役立ちました。

現代の情報社会の中で「知らないだけで損してた」ことは実は山ほどあります。私自身はお金の勉強をしたことで知識と意識が高まり、大切なお金をムダにせず自己投資や人生の質を上げるために使うようになりました。お金の勉強をしなかったら公務員も辞めてなかったかもしれません。もっと自分のお金を身近な問題に捉え、人生を豊かにするためのライフプランは自分で決められると言うことを多くの人に伝えたいと思い2017年に国税局を退職してファイナンシャルプランナーとして独立しました。公務員の仕事も10年経ちようやく慣れてきて名残惜しい部分もありましたが組織ではなく個人でできることをやってみよう。新しい世界に飛び込もう!と決意しました。

現在はファイナンシャルプランナーとして子育てしながら執筆中心に活動し、SNSでも情報発信しています。これまで数多くの納税者の方とお話してきた経験と知識を活かし、難しく複雑なお金の仕組みをわかりやすく解説することをモットーにしています。庶民派ファイナンシャルプランナーとして「知らないだけで損してた」人が1人でも減るよう努力していきたいと思っています。マネーの知識が全くない人でも何ら問題ありません。私がそうでしたので。大切なお金をムダにせず有意義な人生にするための手段として正しく使えるよう、一緒に学んでいきましょう。

プライベートでは3人の子育てに奔走(迷走)しつつ、お菓子作りやハンドメイドなども趣味でやっています。同じ趣味の方がいればどうぞお気軽にコメント、つながりください。SNSのコメントはDM含め全て目を通しています。

子どものアトピーなどをきっかけに住まいにも興味を持ち、自然派町家風家屋を建てました。インスタグラムでこだわりの自宅を公開していますのでぜひご覧ください。子どもたちが小さいため更新はかなりマイペースですが、共感いただける方がいらっしゃればフォローお願いいたします。私もいいね!しに行きます。